これをしてはいけない?プロポーズをする際の注意点3選

ラインや電話でプロポーズする

現代では簡単に相手と会話をしたり意思疎通ができますが、その便利さが落とし穴なんです。好きな方を真剣に思うのであれば、そういった電波を使って手軽にプロポーズするのではなくて、実際に会って相手の目をしっかり見てプロポーズしましょう。文字では気持ちを伝えることが難しいですし、電話では相手が何を考えているか声だけでは判断できませんよね。本当に相手の方が好きならば、老若男女、どんなに時代が進んで世の中が便利になっても実際に会ってプロポーズすべきです。

身なりはしっかりとする

考えてみてください。ジャージやパジャマ姿で相手からプロポーズされたらどう思うでしょうか。すごく嫌な気持ちになりますよね。やはり服装は大事で、しっかりとした身なりでプロポーズに臨んでほしいものですよ。服装にはその人の本質が現れると言う方もいますが、本当にその通りで、今後の運命を決めるプロポーズなのに簡単な恰好をしていてはいけません。本気でプロポーズをするのならば、それ相応な身なりで相手に気持ちが伝わるようにするべきです。

プロポーズをする場所も大切

ロマンチックに海辺でプロポーズすることも素敵ですが、相手との思い出の場所などでも良いのプロポーズをする場所を事前に決めておきましょう。例えばスーパーマーケットや満員電車でプロポーズされても困ってしまいますよね。場所選びもプロポーズを成功させる大切な要素なんです。高級レストランや高級ホテルでとは言いませんが、落ち着いた空間で2人の時間を大切にして過ごせる場所なら、プロポーズはきっと上手くいくでしょう。

プロポーズは人生で一番緊張する瞬間と言っても過言ではありません。無事に乗り越えた先には結婚生活が待っています。