失敗しない!思い出に残る集合写真を撮る方法

子供の笑顔を残してあげる

集合写真のあるあるとして、気を抜いた瞬間に写真を撮られ、一人だけ笑っていないような写真になってしまったという経験を持つ人もいると思います。子供もそれは同様で、大人に比べて注意力や集中力が低いので飽きてしまうことも多いです。そうならないために、子供の注意を引き付けるように笑わせてあげましょう。撮影者自身でも良いですし、他の人でも良いです。全員の注意を引きつつ、シャッターを切ると成功する確率が格段に上がります。

連写機能を使ってみる

一瞬を切り取ることができるのが写真の魅力ですが、目を瞑ってしまった瞬間を切り取られてしまうとあまり嬉しくないですよね。そういった事にならないために、カメラに搭載されている連写機能を使ってみましょう。1秒当たり10枚程度撮影できるカメラもありますので、その中から全員が目を開いている写真を選ぶといったことも可能です。1枚ずつ撮ると時間もかかりますし、何より子供が飽きてしまい良い写真は撮れなくなってしまいます。そういった事にならないためにも連写機能はお勧めです。

撮影データをその場で確認する

撮影に失敗してしまったという事例として、家に帰ってから撮影データを確認したら「写真がブレていた」「目を瞑っていた」などの取り返しのつかない状況になる事も多々あります。後日集まって撮影できる場合であれば撮り直しも可能ですが、入学式や卒業式など、その日だけの特別な場合には失敗したくないですよね。撮影に失敗しても、その場で気が付くことが出来れば撮り直しが可能です。撮ったらすぐに確認して、しっかり撮れているかどうかをすぐに確認する癖をつけましょう。

スクールフォトとは、いつでもどこでも幼稚園や学校での授業の写真をインターネットを通じて身近に見る事が出来、写真の購入も出来るサービスです。