一生に一度の結婚式!招待客に異性はNG?

準備は大忙し!二人の共同作業はもう始まっている!

結婚式は、二人の新しい門出を祝う、最高のセレモニーです。そのため、準備に時間もかかります。意見の食い違い、予算との折り合い、両家の意見など、様々な『決めごと』を確定して、ようやく迎える大イベントですね。ドレスを選んでいても「いいんじゃないの」、引き出物の相談をしても「それでいいよ」、卓上花の色を提案しても「いいんじゃないのかな」…という男性の気のない返事に、「聞いてるの!二人の結婚式なんだよ!」とブチ切れる女性。結婚式準備の典型的なケースです。こんなことの繰り返しで準備は進んでいきます。その中でも、一番気を配るのが、招待客(ゲスト)のピックアップです。

招待客って、どうやって決めたらいいの?

結婚式は、自分たちの門出を祝ってもらうセレモニーであると同時に、お世話になっている方や友人への『報告の儀式』でもあります。そして、『両家のものである』という考えを持っている親戚・身内もいます。そのため、身内は両家の招待客のバランスに敏感になりがちです。自分たちの好きな人に祝ってもらいたい、楽しんでもらいたいという気持ちはもっともですが、新郎側:新婦側の人数比は、席次表を見れば一目瞭然。せっかくのお祝いにケチをつけられないよう、ここはよく話し合いたいところです。「好きにしてもいいよ」という両親の言葉は、演出やお色直しの数のことを指していることが多いようですね。招待客の数やどんな人を呼ぶかは、筋を通しておきましょう。特に気をつけたいのが、新郎が女性の招待客を、新婦が男性の招待客を呼びたいと考えている場合です。主役の二人は良くても、周りの招待客、そしてお呼ばれする本人も、実は結構気にしているのです!

ちょっと待って!呼ぶなら事前に了承を取ろう。

招待客が異性であったとしても、新郎新婦の共通の友人であれば、何の問題もありません。席次表にも、そう記せば良いのです。ここで気をつけたいのは、新郎が会社で仲のいい女性の同僚を一人だけ呼ぶ、新婦が、一番仲の良かった男性の友人を一人呼ぶ、そんなケースです。新郎側の席に華やかなドレスを着た女性が一人いるだけで、それはそれは目立ちます。新婦側の席に、男性がいてもまた然り。披露宴では当然のようにお酒が入り、歓談の場では和やかな雰囲気になりますよね。そんな時を狙ってか、親戚のおじさんが「あんた、どういう関係?付き合ってたの?」と、わざわざお酌ついでに聞いちゃうこともあります。呼ばれた方も、たじたじですね。どうしても異性の招待客を呼びたいのであれば、複数人であると安心です。また、「当日は○○さんと○○さんも来るから、楽しんでね。」と、事前に異性の招待客が卓に一人ではないことを伝えてあげると、呼ばれる方も安心します。一生に一度の結婚式、2人だけの愛を誓うセレモニーであることに間違いはありませんが、そこにはたくさんの人が関わっています。招待客を含め、みんなで幸せになれるような結婚式を迎えたいですね。

福岡の結婚式場は市内からアクセス良い場所でも海を眺める絶好のロケーションのホテルが点在しています。綺麗な景色が決め手になります。